リクルート

インターン随時募集中
上記までご連絡下さい。

  • b01
  • b-02

社長インタビュー

Q.現在の御社の事業内容を教えてください。

A.当社は、輸出入通関・海上輸送・陸上輸送・倉庫保管などのあらゆる物流業務を、お客様のご要望に応じ、国内外を問わず一貫してお引き受けしています。
例えば、徳島のメーカー様が原料の輸入や製品の輸出を行う時に、工場から徳島小松島港までの陸上輸送や、弊社倉庫でのお預かり、輸出入の手続き、海外現地港までの海上輸送などを、お手伝いしています。
社名の「港湾荷役」とは、「貨物を船に揚げ積みする作業」を指します。「物流業」といっても幅が広いですが、港湾を経由する物流に強みがあるということです。
また、倉庫街(万代中央ふ頭)のリノベーションに当社の倉庫を提供するなど、地域の活性化・街づくり活動などにも、積極的に取り組んでいます。

Q.学生時代は、どのようなことをされていたのでしょうか?

A.小・中・高は、地元の公立校に通いました。水泳とバイオリンを熱心にやっていましたね。朝夕の練習、大会への出場など、忙しい少年時代でした。総体や音楽コンクールで優勝したりしていました。
大学入学を機に東京へ出ました。同級生たちがあまりに洗練されていて、圧倒されましたね。
大学時代は、月並みにアルバイトなどをしつつ、理系だったので3年の後半からは卒論に追われていました。物事を深く考察して長編レポートをまとめ切るのは、苦労もありましたが貴重な経験になったと思います。
就職活動では、人生の大きな分岐点だと意気込んで、熱心にやりました。多くの会社を見たし、多くの仲間と語り合った。一生モノの友情が、たくさんできました。
でも、インターンとか海外放浪とか、もっと破天荒に行動すればよかったなあと思ったりもします。

新入社員インタビュー

上野 浩幸

Q.生まれてから学生時代までの道のりを簡単に教えてください
A.小・中・高・専門学校を卒業し、一度社会人として公務員に就きます。公務員として約二年半勤務をしている中で、いろいろな人と出会い、貴重な経験をする中で、さらに成長したい、挑戦したいと考え退職という決断をしました。そして、改めて勉強するため専門学校に入学します。今まで、学生期間中は全ての過程で、学級委員長等の係を努めてまいりました。

Q.大学では、どんなことをしていましたか?

Q.専門学校では、主に情報関係や会計(簿記・FP・税)等について勉強してきました。
前職を退職してから、そのままどこかに就職しようとも考えましたが、将来のことを真剣に考えたときに、今よりスキルアップするために再度勉強したいと考え、専門学校を選びました。机上での勉学以外にも、様々なボランティア活動や外部でのセミナーやイベントにも多数参加しました。学生生活で経験したあらゆることは、今後の人生に影響を与えてくれると思います。
でも、インターンとか海外放浪とか、もっと破天荒に行動すればよかったなあと思ったりもします。

海外研修①

海外研修②

海外研修③